minoriオープニングムービーについて
minori作品ゲームのオープニングムービーを何本か監督させていただきました。
自分のオリジナル映画のあいま合間に短編制作を挟み込むような感覚で、気持ち的にも技術的にも自作・minori作品間には相互にフィードバックがありました。音楽に合わせて映像を組み立てていくPV制作はとても楽しいのです。
BITTERSWEET FOOLS (2001年)
 ブランド“minori”の第一弾ソフトであり、僕が最初に担当させていただいたオープニング映像です。「ほしのこえ」を作るために会社を辞めた直後にいただいたお仕事で、当時の臨時収入にはずいぶん助けられた思い出があります。一人で一ヶ月ほどで制作した映像ですが、基本的には鉛筆線画にデジタルの薄塗りの画面で、これで許されていた(かどうかは分かりませんが)というのはずいぶん牧歌的な時代だったなあとも思います。
Wind -a breath of heart- (2002年)
 オープニングと劇中ムービーの2本を担当しました。「ほしのこえ」完成後の仕事で、この時に初めてアニメーターと共同作業をさせていただいたのですが、当時は(いま思えば恐ろしいことに)タイムシートの意味もレイアウトの出し方も分からないままにやっていました。オープニング曲を繰り返し聴きながらコンテに迷い、ハーモニカに桜の花びらが落ちてスタート、というイントロを思いついてからはするするとアイデアがまとまっていったのを覚えています。劇中ムービーの方は一人で制作しました。
はるのあしおと (2004年)
 この頃にはレイアウトやタイムシートにも慣れ、背景美術も別の方にお願いするようになりました。制作時期は「雲のむこう、約束の場所」と被っているのですが、「雲のむこう〜」の現場が辛すぎて「はるおと」の方はあまり苦労した記憶がありません。カーブミラーに映った冬景色がカメラがパンして春の風景になる、というサビの展開は今でも気に入っています。
ef - the first tale. (2006年)
 主題歌のテンションが非常に高かったので、それに引っ張られるように絵コンテもたいへんに派手なものになりました。この頃には優秀なスタッフによる一般的な分業体制になっていて、であるならばと自分自身ではとても描けない/作れないような作画・美術・3DCGをふんだんに使った贅沢な映像を作らせていただきました。しかし制作時期が「秒速5センチメートル」の追い込み時期と被ってしまい、作業的にはハードだった思い出があります。
ef - the latter tale. (2008年)
 前作の「ef」のスタッフ陣がさらに気合いを入れた映像を作ってくれました。監督としては最初に絵コンテを描いて最後に撮影を仕上げただけで、画作りの実際は優秀な制作陣がすべて担ってくれています。制作時期は渡英していた時期と被っています。2008年当時のロンドンはまだネットワーク回線が遅く、日本とのデータのやりとりにとても難儀し、最後にはminoriの方々に完成データを取りにHDDを持ってロンドンまで来ていただいてしまいました(笑)。

コメント

  • Where’s the eden* demo movie \( *_* )/

    2012年5月1日 8:33 PM | JJ

  • Eden* demo is fantastic, but it’s not my work actually.

    2012年5月1日 8:54 PM | 新海誠

  • 新海さんのコメントの素早さに感動

    2012年5月17日 1:22 AM | Orange

  • どれもすごい

    2012年6月25日 4:39 PM | kdt

  • Do you plan to work with minori again?

    2012年12月8日 6:20 PM | Trinh Dong

  •  CGを使っても一人で何万枚も書くというのはどうやるのだか分りませんがバッハ見たいですごいです。
     30分でも 毎秒30枚×1800秒=54000枚
    ですから一枚作るのに一分かかって一日12時間働いても、約八十日かかります。
     昔、通常の数千倍の速さで仕事をこなすプログラマのアニメを見てましたが、それを凌ぐぐらいすごいです。 

    2013年4月1日 1:57 PM | 早雉

  • efではじめて新海監督のことを知りました。
    映像が美しすぎます。minoriの公式HPからダウンロードさせて頂いて、毎日見ています笑

    2015年2月12日 10:55 AM | vmnao

  • はじめてwindのムービーを見た時の衝撃は、今でも忘れることはできません。
    次回作も楽しみにしてますね!!

    2015年10月17日 12:46 AM | Alai

  • 相田裕先生がキャラデザ担当してたminoriの処女作「BITTERSWEET FOOLS」から深海監督のことを知りました、「ほしのこえ」を鑑賞して衝撃・感動し、それから少し後頃に出た「Wind -a breath of heart-」のOP映像で二度衝撃を受けたのを良く覚えています。…思えばあの当時のminoriのスタッフの先見性の高さとその贅沢な使い方には本当にため息がでるばかりです。深海監督×minori、本当にすごい!

    2016年9月3日 4:26 AM | 匿名

  • efではじめて新海監督のことを知りました。
    またminori様のOPを作っていただきたいな…なんて(笑)
    これからも応援してます!頑張ってください

    2016年9月22日 8:31 PM | akkun

  • 正直、すぴぱらのオープニングは新海さんが手掛けたようにしか思えない

    2016年9月25日 12:29 AM | 名無し

  • ef良かったですよね・・・efのopで新海さんを知りました。

    秒速5センチメートルは見ていたのですが、今回の君の名は。で新海さんの作品に再度触れて、おったまげました・・・凄いとしか表しようがないです。君の名は。は世界を変えたと思います。本当に凄いです。新海さんもスタッフの皆さまも、本当に素晴らしい映画を、本当にありがとうございました。

    10年越しのありがとうございますです!!!!!!

    2016年9月27日 11:45 PM | せいば

  • Wind -a breath of heart-のOPムービーで新海さんを知り、
    ずっと凄いなと思って見てきていました。

    君の名は前売り券を購入して見たのですが、正直ヒットしてもここまで凄いことに
    なるとは思っていたのでビックリですw

    次作をする創る際にプレッシャーになるかもしれませんが、そんな事は気にせずに
    作った作品を見てみたいです(^^

    2016年10月9日 5:44 PM | Kanon好き

  • 大学時代、コンクリートで冷え切った床に汚い絨毯を敷いて、その上に置いたこたつに低スペノートPCで、テックジャイ●ンのDVDを開いて見たビタースウィートフールのOP
    それがいまや売れっ子映画監督・・・生きる伝説
    次回作も期待しています

    2016年10月10日 1:28 PM | 匿名

  • 新海監督を知ったのはefから。
    そして原田ひとみを知ったのもefから。

    2016年10月10日 8:35 PM | 匿名

  • 上に同じく、新海監督を知ったのはefでした。空から降りてくる階段のシーンには感動の一言です。

    2016年10月19日 2:32 AM | 匿名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

TrackBack URL :