告知・イベント -CATEGORY-

Z会グループの運営する静岡県三島市・大岡信ことば館において、「新海誠展 ―きみはこの世界の、はんぶん。―」が開催されることになりました。

本展では、僕の作品から日常を舞台にした4作品、初期自主制作短編『彼女と彼女の猫』、連作短編『秒速5センチメートル』、最新作『言の葉の庭』、Z会CM『クロスロード』が取りあげられます。絵コンテや原画、背景美術、未公開のメイキング画像、さらに「ことば館」ならではの、作中の台詞や言葉のユニークな造形展示がなされます。また『クロスロード』については、本展のためにキャラクターデザイナーの田中将賀さんと一緒に描きあげたポスターイラストのメイキング映像、さらに本編のメイキング映像も編集いたしました。夏休みを挟んでたっぷりと開催期間がありますので、よろしければぜひ足をお運びください。

詳細は大岡信ことば館のページ(http://kotobakan.jp/exhibitions/shinkai-makoto)をご覧ください。


kotonoha_novel_S新海誠が執筆した「小説 言の葉の庭」が2014年4月11日発売となります。

この小説の原作となる映画「言の葉の庭」は、孝雄と雪野の視点のみからなる46分の中編でした。一方、本小説版では語り手を増やし、オムニバス的な構成で物語をより深く掘り下げています。長編小説と呼べるボリュームとなり、映画をご覧いただいた方も未見の方にもお楽しみいただける一冊にしたつもりです。なお、本書は雑誌「ダ・ヴィンチ」2013年9月号からの連載に、書き下ろし分を加えたものです。連載開始にあたっての記事「『言の葉の庭』の小説を書く、個人的な理由」も、よろしければご覧ください。

なお、発売情報については「ダ・ヴィンチニュース 小説『言の葉の庭』新海誠 - 特設サイト」にまとめられています。

Amazonでのご購入:小説 言の葉の庭 (ダ・ヴィンチブックス)


花澤さんのライブ「花澤香菜 live 2014 “25”」のパンフレットに、イメージボードを3点寄せさせていただきました。
kana25
花澤さんとは、「言の葉の庭」で雪野役を演じていただいて以来のお仕事。彼女の過去から今にいたるまでのお話をじっくりお伺いして、さらに花澤さんのアルバム「25」を繰り返し聴きつつ、3枚のイラストを描かせていただきました。どのようなイラストか、ぜひライブのパンフレットでご確認くださいね。ライブの詳細はこちら(http://www.hanazawakana-music.net/live2014/)です。


2013年2月に行われた野村不動産グループによる「プラウドボックス感謝祭」、そのシアター映像として作らせていただいた短編アニメーション「だれかのまなざし」がYouTubeのPROUDCHANNELにて全編公開されています(2014年1月12日をもって配信終了いたしました。たくさんのご試聴ありがとうございました!)。作品紹介ページはこちらです。


novel_titleアニメーション映画「言の葉の庭」の小説版が、『ダ・ヴィンチ』2013年9月号(8月6日発売)より連載開始となります。自分の原作映画を自身で小説化するのは、『小説・秒速5センチメートル』以来の2作目となります。

連載開始にあたり、「『言の葉の庭』の小説を書く、個人的な理由」をポストしました。ご興味のある方はお読みくださいませ。


2013年2月10日(日)・11日(月・祝)に、東京国際フォーラムにて行われる野村不動産グループ『プラウドボックス感謝祭』が開催されます。住まいと暮らしに関する様々な展示・イベントが行われるにぎやかで特別な2日間。その会場で上映されるショートアニメーション作品「だれかのまなざし」を、このたび制作させていただきました。
manazashi_s
作品詳細は1月23日に『プラウドボックス感謝祭』WEBにて発表されます。お問い合わせ等もそちらまで。物語・映像のみならずキャスト・音楽も素敵な方々が携わってくれていますので、どうかお楽しみに。
『プラウドボックス感謝祭』、ご家族ご一緒で楽しめるお祭りです。お時間のある方はぜひぜひご来場いただき、「だれかのまなざし」もチェックしてみてくださいね。


available_itunes_children「星を追う子ども」がiTunes Storeから買えるようになりました! 既に「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」は販売中ですので、これで僕の主要な作品は全てiTunesに揃いました。データで持っていられるってやっぱり便利ですよねえ。未見の方はこの機会にぜひ!


12月20日、ムービックより「秒速5センチメートル」と「星を追う子ども」の絵コンテ集が発売になります。巻頭には色鉛筆での絵コンテをカラーで掲載、巻末にはインタビューも掲載していただきました。特に「星を追う子ども」は分厚い! 辞書くらいの厚みがありますが、実際の現場では両面印刷なわけではないのでこの倍の厚みがあったのです。以下、内容をすこしご紹介いたします。

(さらに…)


「ほしのこえ」「雲のむこう、約束の場所」「秒速5センチメートル」がiTunes storeから買えるようになりました。SD版、HD版ともにレンタルのみならず販売も開始です(「ほしのこえ」はデータソースがSDなのでSD版販売のみ)。「パッケージとディスクはかさばるので要らない/DVDリッピングが違法なら最初からデータで売ってくれ」派の方々はこの機にぜひ!


12月8日(土)長野県松本市勤労者福祉センター大会議室にて講演会を行います。「学校図書館フェスタ2012」一環のイベントです。入場無料、開場13:30、講演会14:10~15:40、閉会15:50。物語を作るという仕事、アニメーションを作るという仕事などについてお話させていただければと思っています。
当日のサイン会などは予定しておりませんが、参加者数等の当日の状況次第では可能になるかもしれません。お近くの方はぜひ遊びにおいでください!

お問い合わせ先:
学校図書館フェスタ2012実行委員長 木内貴美子(中野立志館高校 図書館勤務)
電話:080-6935-0423
E-mail:shishobu@yahoo.co.jp


内閣府・国家戦略室、古川元久大臣より感謝状をいただきました。「世界で活躍し『日本』を発信する日本人プロジェクト」として海外メディア中心に六十数名が選抜、そのうちの一人ということでたいへん光栄に思います。アラブ地域でのワークショップ活動を特に評価していただいたとのことです。過分な評価をいただいていしまっているとも思いますが、これを励みとしてもっと良い作品を発表していけるよう努力したいと思います。

国家戦略室の該当ページはこちら。

四月に出演させていただいたwowow「ザ・プライムショー」での番組ホスト、冨永愛さんも授与されました。ブログで触れてくださっています。


2012年9月15日(土)から11月25日(日)まで、長野県南佐久郡小海町にある小海町高原美術館にて「新海誠展」が開催されます。過去作品の絵コンテ、原画、背景美術、イラスト等を中心とした美術展となります。火曜日休館、高校生以上500円、小中学生150円の入場料とのこと。

また、初日となる9月15日にはオープニングトークとして1時間の特別講演を行います。美術館のある場所でもある小海町の風景が、僕のアニメーション作品にどのような影響を与えてきたかを実例を挙げてお話しするような時間にできればと思っています。

高原美術館は県外からはちょっとアクセスしづらい場所にありますが、八ヶ岳を見晴るかすことできる美しい環境です。ご旅行も兼ねて期間中ぜひお立ち寄りください。詳しくは美術展のHPをご覧ください。


以前のエントリーでもお知らせしましたが、今年は「ほしのこえ」を公開してから十年になります。それを記念して、有志の方々が記念同人誌「ほしから星へ」を作ってくださることになりました。
コミックマーケット82にて、8/10(金)東地区「フ」ブロック-45b、サークル名「みぎめ」にて頒布予定とのことです。

僕は表紙のイラストを描き下ろさせて頂きました。その他にロング(なのかな?)インタビュー、「ほしのこえ」制作にあたっての各種メモ書き、原画、そして幻の(と自分で言うのもなんですけど笑)、「ほしのこえ」と「秒速5センチメートル」の前身とも言えるような未公開作品の企画書を提供しています。

もちろん、それ以外にも様々な方々による多彩なページがあるはずです。
さらに、一般の方々からのゲスト原稿も募集しているとのこと。7/7までとのことであまり時間はありませんが、「ほしのこえ」に思い入れを持ってくださっている方がいらっしゃればぜひお言葉をお寄せいただけると嬉しいです。詳しくは「ほしのこえ10周年記念同人誌ブログ」をご覧ください。


Dublin, Paris, Hannover

2012年6月25日 5:47 AM, カテゴリー: 告知・イベント コメント(0)

7月にダブリン、パリ、ハノーバーにプロモーションに行ってきます。以下主なスケジュールです。お近くの方はぜひ遊びに来てくださいねー!
I’m going to Dublin, Paris, and Hannover for promotion of my film. Here is the schedule however please refer to each web site for the details (KAZE).

2nd July (Dublin)
19:00 Premiere in Dublin and Q&A
21:25 Q+A session

3rd (Paris)
20:30 Theater Premiere Paris Cinema UGC

4th (Paris)
18:00 Signing Session at FNAC Les Halles

5th (Paris)
14:30 Signing Session

6th (Paris)
15:00 Signing Session
17:00 Master Class (Making demonstration)

7th (Paris)
12:00 Conference Video stage Japan Expo
14:30 Signing session
16:30 Fan meeting

9th (Hannover)
14:30 Signing Session
20:15 Premiere screening with Q&A


今夏ヨーロッパでの「星を追う子ども」BD/DVD発売を受けて、7月5日〜8日にフランス・パリにて開催されるジャパンエキスポ2012にゲスト参加いたします。7月2・3日にアイルランド・ダブリン、7月9日にはドイツ・ハノーバーにて発売イベントも行います。詳細は現地発売元のKAZEのサイトにてご確認ください。現地にお住まいの方(でこの日本語サイトを読んでいる方がいらっしゃるか分かりませんが)、ぜひ遊びに来てくださいませ。


WOWOWでの新海誠特集に合わせて、4月20日にエンタメ・ニュースショー「ザ・プライムショー」にゲスト出演させていただきます。生放送です。よろしければご覧くださいね。


2月25日放送のテレビ東京「広告の番組」に出演します。放送は12:05から。大成建設CMや信濃毎日新聞CMの話、アニメーションでCMを作る意義、等々。お時間の合う方は観てみてください。


2月23日、神戸芸術工科大学にて特別講義を行います。大塚英志さんと一緒に、「テーマという古いけれど真摯な問題(仮)」について映画の制作データをお見せしつつお話しする予定です。
時間は15時から17時、場所は神戸芸術工科大学・吉武記念ホール(500席)、一般の方も参加無料、受付はありませんので当日直接会場にご入場ください。お問い合わせは同大学までお願いいたします。
大塚さんに呼んでいただき芸工大にお邪魔するのは今回で3回目。楽しみです。お近くの方はぜひのぞきにきてください!


昨年募集させていただきました「新海誠×pixivイラストコンテスト」の結果が発表されました。どのイラストも力作揃いで、スタジオスタッフとの選考作業はとても難航しました。本当は応募者全員に賞を差し上げたいくらいなのですが、泣く泣く絞らせていただきました。皆さまありがとうございました、受賞者の方、おめでとうございます!  結果はこちらから。


2012年1月28日、長野県佐久市コスモホールにて「星を追う子ども」の上映回と講演会を行います。主催はわがみち佐久・市民講座運営実行委員会、上映のみの参加も可とさせていただきましたのでどうぞお気軽に映画を観においでください。入場無料、開場1時で開始は1時半から。詳細は佐久市公民館までお問い合わせください。

なお、2012年1月21日から27日まで佐久市アムシネマにて「秒速5センチメートル」の上映(有料)も行われる予定とのことです。