chronicle「小説 言の葉の庭」の発売を記念して、作中の年表を公開します。
小説版は映画版「言の葉の庭」をベースとしてはいますが、各話ごとに語り手を変えるオムニバスに近い構成になっています。各話は必ずしも時間軸に沿って書かれているわけではありませんので、小説を読んでいただいた方にとっては年表を眺めるのも一興かもしれません。
なお、映画版と小説版の出来事/時間軸は微妙に異なっている箇所があります。この年表は小説版に基づいていますが、新海の執筆時のメモですので、最終的な小説の記述とは異なる箇所もあるかもしれません。ご了承ください。
また、年表中には映画・小説のネタバレも含みます。未読の方はご注意ください。

 

年月(日)人物出来事
1986年02月雪野百香里愛媛県今治市に生まれる
1985年11月秋月怜美20歳。妊娠
1986年09月秋月怜美21歳。長男、翔太を出産。藤沢孝志(26歳)と結婚
1997年12月秋月孝雄東京都杉並区に秋月怜美の次男として生まれる
2003年04月伊藤宗一郎22歳。新卒で不動産営業に就職、以後3年間勤務
2004年04月雪野百香里18歳。愛媛から上京。大学の教育学部に入学
2006年03月伊藤宗一郎25歳。都の教員採用試験合格。恋人の菜都美はキューバに留学、別れる
2007年06月シャオホン17歳、上海の高校生。日本人のガールフレンドができる
2008年04月雪野百香里22歳。国分寺の高校に新卒で就職。以後同校に3年勤務する
2008年08月シャオホン18歳。北京オリンピックの年
2009年04月伊藤宗一郎28歳。千代田区の高校(後に孝雄が入学)に赴任、高2の担任になる
2009年09月シャオホン日本留学開始
2010年04月秋月孝雄中学入学
秋月翔太ITモバイル機器メーカーの営業に就職
秋月怜美藤沢孝志と離婚
相澤祥子中学3年、15歳。痩せてメイクが上手くなる。モテだす
牧野真司高校入学
2010年05月〜10月シャオホン大学2年〜3年。故郷の上海では万博開催
2010年12月春日海帆孝雄との最後のデート。転校
2011年04月雪野百香里25歳。千代田区の高校に赴任
伊藤宗一郎30歳。相澤祥子の担任になる
相澤祥子高校入学。古典の雪野先生をたちどころに好きになる。担任は伊藤
牧野真司高校2年生、バスケ部キャプテン。部活顧問は伊藤
秋月孝雄中学2年生
2011年09月伊藤宗一郎飲み会事件。雪野と親しくなっていく
2011年12月伊藤宗一郎雪野に告白。付き合い始める
2012年04月相澤祥子高校2年17歳。雪野のクラスになる。牧野と付き合い始める
雪野百香里26歳、高2になった相澤のクラスの担任に
伊藤宗一郎31歳、高3の担任に。クラスには牧野がいる
2012年07月相澤祥子牧野が雪野に迫っている声を聞いてしまう
2012年08月相澤祥子夏休み、牧野へのストーキングを繰り返す。雪野への悪意が醸造されていく
2012年09月相澤祥子雪野への嫌がらせ開始
シャオホン大学卒業
2012年12月相澤祥子両親の離婚。新しい母親が家に来る
2013年01月雪野百香里徐々に登校できなくなる
2013年02月伊藤宗一郎32歳。菜都美から7年ぶりに連絡が来る
2013年03月伊藤宗一郎父の死
秋月孝雄中3の春休みに中華料理屋でのアルバイト開始。シャオホンと出会う
2013年04月秋月孝雄高校入学
雪野百香里入学式には出席するが、ほぼ登校できなくなっている
相澤祥子高校3年
2013年05月13日前後孝雄と雪野日本庭園での初めての出逢い
2013年05月29日前後孝雄と雪野孝雄と雪野が二度目に会う。関東の梅雨入り宣言
2013年06月04日秋月怜美家出
秋月翔太ワールドカップ杯オーストラリア戦。観戦の誘いを断る
2013年06月21日寺本梨花22歳の誕生日。翔太とデート、孝雄と初対面
2013年06月伊藤宗一郎菜都美の部屋で飲む。雪野とベランダで電話
相澤祥子渋谷駅で勅使河原に会う
2013年07月孝雄と雪野雪野の足を採寸
シャオホン上海に帰国
2013年08月10日前後秋月翔太引っ越し
2013年09月初旬雪野百香里赴任3年目にして、高校を依願退職
相澤祥子孝雄に殴られる
孝雄と雪野返し歌、どしゃぶり。雪野の部屋を訪れる。告白
2013年09月下旬雪野百香里愛媛に帰郷
2013年12月伊藤と相澤渋谷のスターバックスで偶然に会う。進路指導の約束
2014年02月秋月孝雄靴を完成させる。雪野からの初めての手紙が届く
映画版の描写はここまで
小説版では2018年05月の出来事まで描かれます(孝雄20歳、雪野32歳)

コメント

  • はじめまして。
    年表の出来事の一文字一文字を見るたびに映画や小説の光景が脳裏に浮かんできます。(映画にはハマってしまって、購入したDVDを毎日、もう数十回見ては泣いています)
    昨日、仕事関係の資料をまとめた後、深夜でしたが一気に読了しました。
    映画では、ただ嫌な奴だなと思っていたりした登場人物も、これほどの背景があったとは・・・。そうか、この人はこういう風に思っていたのか・・・、と。
    映画とはまた違って、様々な視点、時制が折り重なって描かれているので、頭の中で色々な想いが飛び交っていました。

    映画は繰り返し同じ場面が出てきますが、それはまるでストーリーの大きな幹のように思えます。その幹を挟んで、孝雄と雪野の対となる描写(「雨だ!」とか)が、エンディングまで、哀切な音楽とともに強い集中力で展開されているように感じています。

    「繰り返し同じ場面」で思い出すのは、クラシック音楽の、特にバロック音楽の用語である「ペダル音」です。ペダル音とは曲の中で同じ低い音が繰り返し出てくる手法です。
    ちなみにペダルとはパイプオルガンの最低音の足元にある鍵盤の事ですが、チェリストのロストロポービッチは「昆虫標本がピンの周りをくるくる回ってそこから離れられない様に、ペダル音は聴衆を音楽に釘付けにする}と言っていました。
    同じ場面が繰り返される事でストーリーの集中力が保たれ、見ている側の思いが他に逸れることなく、ぐいぐい惹き込まれるのでしょう。

    小説をそのまま映画にしたら、非常に散漫な印象になっちゃうんでしょうね。でも小説のエンディングは映像で是非見てみたいです。

    2014年7月13日 6:29 PM | Gauche

  • 言の葉の庭読了しました。

    今まで読んだ小説の中で一番大切な本になってます。
    新海誠監督の描く雪野先生がとても可愛くて大好きです。
    この本を読んで初めて聖地巡礼を、しました。新宿御苑行ってきました。

    この本を読んで新宿駅から新宿御苑一帯が本当に全く特別な場所に成り代わったんです。

    この本を読んで小説の「片想い感」が自分は好きなんだなぁと思い至りました。

    本当に本当に素晴らしい小説をありがとうございます。

    新海誠監督は小説家としても本当に本当に素晴らしいクリエーターだと思います。

    気持ちばかりがはやってしまいこんな稚拙な文章で、すみません。

    本当に言の葉の庭が大好きです。

    2016年6月26日 11:36 PM | 藤原埼玉

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

コメントフィード

TrackBack URL :